「見える」メガネの意味


視力に合わせてそのまま遠くにピントを合わせるメガネは

かえって目の負担を重くしてしまうこともあります。

無理やり視力を上げる「見えさせるメガネ」は、

近くを見る時には目や目の筋肉などに余計に負担をかけて

しまい、よく見えるはずなのに、近視が進んだり

頭痛がしたり気分が悪くなってしまう「辛いメガネ」

となってしまうことがあります。

不便さを解消するためのメガネのはずが、更なる視力の

低下につながったり、体調が悪くなってしまってはよく

ありませんし、本末転倒です。

 

専門店だからできる、資格を持った技術者が親身に

なって丁寧に計測し、細かなレベルでの調整を行う

ことで、お客さまに本当に役立つめがねとして商品

をご提供したいと考えております。



専門店だからできる、高い調整技術

視力測定以外にも、その方の生活スタイルや、見え方のくせ、どんな時に見えにくいと感じているかなど多角度からお客様の特徴を伺います。

丁寧にじっくり聞くことで、その人に合うメガネをご提供します。



“見える”とは

単純に視力に合わせて度数を選ぶのではなく、

視力検査以外にも人の目は人によって

どんな時に見えにくくて不便なのか、

どんな場面でメガネが本当に必要なのか。

しっかりヒアリングを行った上で、その方に合ったメガネの調整を行います。

ライフスタイルや生活習慣などもお聞きしながら

これからの視力に影響がないように配慮し、

必要最低限のところで抑えられるように専門の技術者が非常に細かいレベルまで

調整を行います。


取り扱いメーカー

 

 

ほっためがね 

 

有限会社 ホッタ

〒920-2128   石川県白山市鶴来下東町カ26

   ショッピングスクエア レッツ内

 

TEL:076-272-0304